#writeyourwords

世界中に存在する、さまざな言語の「文字」。
私たちは日々、文字を読み、書いて、生きている。

writeyourwords

文字の読み書きが出来ると、人生の幅は広がる。
大人も子どもも、地域や文化に限らず重要だ。

でも、世界にはまだ文字が足りない場所がある。
文字を使える人と、そうでない人がこの世界に共存している。

ふだん何気なく使ってる文字のこと。
いま、文字の価値を改めて考えるために
あなたにしか書けない文字を書いて世界に発信しませんか。

毎年9月8日は「国際識字デー」

世界の子ども達に学習道具を届けているイッポラボは、
この日をきっかけにして
文字が読み書き出来る意義を呼びかけます。

#writeyourwords キャンペーン

キャンペーン期間:9/1(土)〜9/8(土)

参加方法

本キャンペーンはどなたでも参加していただけます。
お好みの方法で文字を書いてください。
作品の写真を撮ってください。
#writeyourwords」のハッシュタグをつけて
ご自身のSNSに投稿してください。

資料ダウンロード

2018年活動のレポート

「国際識字デー」とは?

識字(基礎的な読み書き、計算が出来る能力)の重要性を
世界に訴えかける日として、1965年にユネスコが制定した国際デーです。
世界には約7億8100万人*の成人非識字者(15歳以上の識字できない人)がいると
言われています。地域差を地図で見ると、アフリカの識字率が全体的に低く、
比較的識字率の高いアジアの中でも、アフガニスタンはとても低くなっています。

about-world

識字ができると、世界が広がる

子どもの時に文字の読み書きが出来るようになると、
多くのことが学べるようになります。
多くのことを学んだ後は、いろいろな仕事をすることが出来ます。
世界のどこにいようとも、自分らしい人生を生きる。
イッポラボは、そんな世界を作ることに貢献します。

aozora1
aozora2
aozora3
aozora4
aozora5
aozora6
aozora7

2018年にイッポラボが届ける学習道具数
(今年度はインドの子供達に届けます)

100人分

▼イッポラボの活動を詳しく知るにはこちら▼

demi-program